Skip to content(本文へジャンプ)

Paples導入による内部統制対応・IT統制強化対応とは?

日本版SOX法対応、IT統制強化

ITシステムからのアウトプットをどのように統制するかを考える時、ERPや個別業務システム毎に帳票出力機能があり、それぞれを分散管理している状態では、IT統制が煩雑・高コストになります。

統合帳票基盤としてPaplesを導入すれば、メインフレーム、ERP、個別オープンシステムから出力される様々な帳票の一元的な管理・運用が可能です。その上で、Paplesの持つ詳細な帳票の管理機能や権限的な管理機能により、内部統制の要件であるIT業務処理統制のアウトプット・コントロールやIT全般統制強化に貢献します。

電子帳簿保存法、日本版SOX法、内部統制と電子帳票システム

導入効果

導入効果

導入効果

  • セミナー/イベント
  • 資料ダウンロード
  • 導入事例
  • お問い合わせ・デモ依頼
  • 電子帳簿保存申請
  • 文書も明細データも一元管理!「Paples5」
  • FAQ

セミナー/イベント情報

次回開催 11/14・12/12
電子帳簿保存法申請対応 個別相談会』を月次で開催します。電帳法申請をご検討で課題やお悩みのある方は是非ご参加ください。別日程ご希望の方はご相談下さい。
月次開催 11/15・12/20
Paplesハンズオンセミナー』を月次で開催します。Paplesを実際に触ってみたい、電子化された帳票の業務活用事例を知りたい方はご参加ください。