Skip to content(本文へジャンプ)

Paples5 新元号対応のご案内

  • 公開日: 2019-04-15
  • 更新日: 2019-04-15
  • 管理番号: 201904002
  • 対象製品: Paples5/PaplesReportsデザイナー(クライアント)

今年5月1日に予定されている元号改正に伴い、Paples5をご利用いただいているお客様に
以下のご確認・ご検討をお願いいたします。

※「PaplesWeb」ご利用のお客様は、対応方法が異なりますので、別途当社担当者よりご案内いたします。

元号改正による影響

1. 帳票レイアウト(フレーム、オーバーレイ)上の元号表記の変更が必要です。

帳票レイアウト上で”平成”や”H○○年”などの表記を利用している場合は、
帳票レイアウトの修正を行う必要があります。

尚、ご利用中の帳票レイアウトを直接修正いただいても、修正前に作成済みの帳票は変更されませんのでご注意ください。

2. 日付型書式の利用について注意が必要です。

PaplesReportsでは、日付型書式を編集することで和暦を表示することが可能です。

例) 2019/04/30 ⇒ H31年 ([gee年]形式)
  2019/05/01 ⇒ R01年 ([gee年]形式)

西暦から和暦、または和暦から西暦に変換する場合、Paplesサーバーに新元号が登録されている必要があります。
(OSから和暦を取得しているため)

新元号が登録されていない場合、例えば、新元号での”R01年”ではなく”H31年”と表示されます。

3. 合字の使用について注意が必要です。

"㍻"や"㍼"のように2つ以上の文字を1文字で表現する合字を使用している場合、
Paplesサーバーに対応済みのフォントファイルと新元号が登録されている必要があります。

帳票レイアウト(フレーム、オーバーレイ)上の元号表記対応方法

帳票レイアウトの変更は、お客様にてご対応ください。

対象:1.帳票レイアウト(フレーム、オーバーレイ)上の元号表記

・帳票レイアウト(フレーム)

元号改正のタイミング(2019年5月1日)に合わせて、修正済み帳票レイアウトをリリースいただくか、ページの切替機能などを利用して日付に応じて帳票作成時に使用する帳票レイアウトを切り替えていただく必要があります。

・帳票レイアウト(オーバーレイ)

元号改正のタイミング(2019年5月1日)に合わせて、修正済み帳票レイアウトをリリースいただく必要があります。

サーバーへの新元号登録方法

対象:2.日付型書式の利用
   3.合字の利用

現在、マイクロソフト社がサポートしているWindows製品については、順次更新プログラムが公開される予定です。

サポートが終了しているWindows製品を使用されている場合、または運用中サーバーへの更新プログラムを適用されていない場合は、マイクロソフト社から公開されている手順を参考に、レジストリへの新元号追加を行う必要があります。

レジストリを変更する場合は、レジストリ設定を復元できるよう、事前にバックアップを作成することをお勧めします。

Windows 用の日本の新元号対応更新プログラムについて

各種連絡先

・ご案内した内容のご不明点、ご質問等
・受信担当者のご変更等
下記にご連絡をいただくか、担当営業までご連絡をお願いいたします。
Paplesサポート  Paples@nhs.co.jp

サポート

サポート

サポート

  • セミナー/イベント
  • トピックス
  • 資料ダウンロード
  • 導入事例
  • お問い合わせ・デモ依頼
  • 電子帳簿保存申請
  • 文書も明細データも一元管理!「Paples5」
  • FAQ
  • サポート
  • JIIMAスキャナ認定

セミナー/イベント情報

2019.10.16/29
ニッセイコムフェア東京 大阪(Best Value Solution 2019)に出展します。
毎月開催 10/16・11/13
日程調整可!『電子帳簿保存法申請対応 個別相談会』を月次で開催します。電帳法申請をご検討で課題やお悩みのある方は是非ご参加ください。別日程ご希望の方はご相談下さい。
毎月開催 10/17・11/14
Paplesハンズオンセミナー』を月次で開催します。Paplesを実際に触ってみたい、電子化された帳票の業務活用事例を知りたい方はご参加ください。

ニュース/リリース情報

2019.06.07
Paples(Ver.5.2)がJIIMAの「電帳法スキャナ保存ソフト法的要件認証」を取得しました。
2019.05.21
Paplesを活用した「GRANDIT電子帳簿保存法申請支援パック」がGRANDIT AWARD 2018「Solution of the Year」を受賞しました。
2019.04.15
Paples5利用中の企業様向けにPaples5新元号対応のご案内を公開しました。
2019.04.10
Paples利用中の企業様向けにPaplesサポートページを開設し、サポート一斉メール配信を開始しました。
2019.03.20
PDF取り込み、データアーカイブ(PaplesDataStore)、ドキュメント管理、タイムスタンプ連携オプションリーフレットをダウンロード資料に追加しました。
2019.02.20
消費税の軽減税率など税制改正対応をご検討のお客様向けに「この機会に書類のペーパーレス化を推進」を追加しました。
2019.02.20
トピックスカテゴリを追加しました。
2018.07.09
製造業向のお客様向けに生産関連帳票・品質保証書一元管理ソリューションを追加しました。
2018.07.02
リプレイスをご検討のお客様向けに「ERP/基幹系システムリプレイスを帳票システムの整理・統合の機会に」を追加しました。