Skip to content(本文へジャンプ)

Paples導入に伴う業務プロセス改善・BPRとは?

業務プロセス改善

企業の合併や新商品の追加などにより合併前のシステムや拠点ごと、製品ごとに業務プロセスや必要帳票が複数発生する場合、電子帳票システムでペーパーレス化や分散印刷を行うだけでは、業務効率化の効果が十分には得られないことがあります。

NHSでは、Paples導入時に帳票に関連する業務プロセスの見直し、帳票や文書の洗い出しや統廃合、帳票の運用プロセスの再検討などをサポートしています。

業務のシステムによる自動化、業務プロセスの統一、情報共有等をご提案いたします。

業務プロセスと帳票の統合検討

企業の合併や拠点の新設、海外移転などにより、類似業務に複数の帳票フォーマットとそれを処理する業務プロセスが生まれ、専任の担当者でないと対応できないなど非効率な状態となっている場合があります。

また、企業の規模拡大に伴い、拠点ごとに行っている業務が膨張し、非効率化していることもあります。Paplesなら上位システムへの影響を最小限に、従来拠点ごとに行っていた帳票に関する煩雑な業務を本社など一か所に統合し、効率化とコスト削減を図ることも可能です。

NHSではPaplesに帳票を電子化する際に、様々な業務システム導入経験をふまえてお客様と共に業務プロセスや帳票の利用方法を検討し、業務プロセスとそれに伴う帳票フォーマットの見直しや統廃合について、サポートしております。

情報共有化

Paplesを活用して各部門や各種業務システムの帳票を一元管理することにより、自身の業務が他部門で処理されている経過を把握でき、情報共有による業務効率の改善が可能です。

Paplesを導入すると、他部門の帳票参照のためにERPなどの業務アプリケーションライセンスを別途用意する必要はなく、ライセンスコストを節約しながら帳票の情報共有を実現できます。

導入効果

導入効果

導入効果

  • セミナー/イベント
  • トピックス
  • 資料ダウンロード
  • 導入事例
  • お問い合わせ・デモ依頼
  • 電子帳簿保存申請
  • 文書も明細データも一元管理!「Paples5」
  • FAQ
  • サポート
  • JIIMAスキャナ認定

セミナー/イベント情報

2019.09.11/19
袖山税理士ご登壇!『電子帳簿保存申請のススメ2019 in 東京/大阪 電帳法申請と税制改正のポイント解説』を開催します。是非お気軽にご参加ください。
毎月開催 8/21・9/18
日程調整可!『電子帳簿保存法申請対応 個別相談会』を月次で開催します。電帳法申請をご検討で課題やお悩みのある方は是非ご参加ください。別日程ご希望の方はご相談下さい。
毎月開催 8/22・9/19
Paplesハンズオンセミナー』を月次で開催します。Paplesを実際に触ってみたい、電子化された帳票の業務活用事例を知りたい方はご参加ください。

ニュース/リリース情報

2019.06.07
Paples(Ver.5.2)がJIIMAの「電帳法スキャナ保存ソフト法的要件認証」を取得しました。
2019.05.21
Paplesを活用した「GRANDIT電子帳簿保存法申請支援パック」がGRANDIT AWARD 2018「Solution of the Year」を受賞しました。
2019.04.15
Paples5利用中の企業様向けにPaples5新元号対応のご案内を公開しました。
2019.04.10
Paples利用中の企業様向けにPaplesサポートページを開設し、サポート一斉メール配信を開始しました。
2019.03.20
PDF取り込み、データアーカイブ(PaplesDataStore)、ドキュメント管理、タイムスタンプ連携オプションリーフレットをダウンロード資料に追加しました。
2019.02.20
消費税の軽減税率など税制改正対応をご検討のお客様向けに「この機会に書類のペーパーレス化を推進」を追加しました。
2019.02.20
トピックスカテゴリを追加しました。
2018.07.09
製造業向のお客様向けに生産関連帳票・品質保証書一元管理ソリューションを追加しました。
2018.07.02
リプレイスをご検討のお客様向けに「ERP/基幹系システムリプレイスを帳票システムの整理・統合の機会に」を追加しました。