Skip to content(本文へジャンプ)

ERPの帳票を取り込み、電子化する!

ERPや業務システムとの連携

Paplesは各種ERP、帳票ツール、CSVデータ等とシームレスに連携し、帳票を電子化することが可能です。

連携方法は、Paplesドライバを用いてWindowsアプリケーションからの印刷指示でPaplesに取り込む方法(連携パターンその1「Paplesドライバ」)と、帳票作成ツールPaplesReportsと連携して取り込む方法(連携パターンその2「PaplesReports」)があります。

また、法令対応などで帳票の元となる明細データや変更履歴をCSVやRDB連携で取り込み、紐付け保管する事も可能です。

連携可能なERP、業務システム一覧

会社名 製品名
SAP SE(SAPジャパン株式会社) SAP ERP
GRANDIT株式会社 (アライアンス紹介ページはこちら GRANDIT
Oracle Corporation(日本オラクル株式会社) Oracle E-Business Suite
株式会社ニッセイコム GrowOne
スーパーストリーム株式会社 (アライアンス紹介ページはこちら SuperStream
株式会社オービック OBIC7
ピー・シー・エー株式会社 PCA Dream21

※上記以外のERPや業務アプリケーションとの連携も可能ですので、ぜひお問い合わせください。

連携パターンその1「Paplesドライバ経由での取り込み」

連携パターンその2「PaplesReports経由での取り込み」

連携パターンその3「CSVでの取り込み・明細データ連携」

Paples for SAP ERP

Paplesは各種ERPとシームレスに連携が可能です。
連携実績が特に多いSAP ERPを例にPaplesによる課題解決をご紹介します。

Paplesなら低コストで課題解決!

  • 帳票データを独自形式で保管し、インデックスによる高速検索が可能
  • SAP ERPの帳票プリントシステム環境をほとんど変更することなく連携
  • 他の業務システム帳票も取り込み一元管理が可能
  • Paplesの同時アクセスライセンス方式によりERPの帳票参照用ライセンスを節約できる
  • 電子帳簿保存法を申請する場合にもPaplesを活用し、スムーズにペーパーレス化を実現できる
  • 「通常使うプリンタ」から印刷することも可能で、サーバに出力先プリンタの設定不要

SAP ERPとPaplesの連携操作イメージ

SAP ERPとPaplesの連携操作イメージ

Paples GRANDIT 電子帳簿保存法申請支援パック

Paplesでは特に連携ニーズの高いERPユーザ向けに専用のインターフェースをご用意しております。
GRANDITユーザ向けの電子帳簿保存法の申請対応については、申請に必要なデータをGRANDITからシームレスに連携し、Paples側での対応状況をGRANDITの一覧画面からも参照できます。
帳票データや明細データ、証憑データをPaplesにアーカイブし、タイムスタンプ取得により電子データの信頼性を保持できるので、税務調査にもPaples単体で対応可能です。

Paplesの機能

Paplesの機能

Paplesの機能

  • セミナー/イベント
  • 資料ダウンロード
  • 導入事例
  • お問い合わせ・デモ依頼
  • 電子帳簿保存申請
  • 文書も明細データも一元管理!「Paples5」
  • FAQ

セミナー/イベント情報

次回開催 8/8・9/19
電子帳簿保存法申請対応 個別相談会』を月次で開催します。電帳法申請をご検討で課題やお悩みのある方は是非ご参加ください。別日程ご希望の方はご相談下さい。
月次開催 8/23・9/20
Paplesハンズオンセミナー』を月次で開催します。Paplesを実際に触ってみたい、電子化された帳票の業務活用事例を知りたい方はご参加ください。