Skip to content(本文へジャンプ)

ERPの帳票を取り込み、電子化する!

ERP連携

Paplesは各種ERP、帳票ツール、CSVデータ等とシームレスに連携し、帳票を電子化することが可能です。

連携方法は、Paplesドライバを用いてWindowsアプリケーションからの印刷指示でPaplesに取り込む方法(連携パターンその①「Paplesドライバ」)と、帳票作成ツールPaplesReportsと連携して取り込む方法(連携パターンその②「PaplesReports」)があります。

連携可能なERPほか一覧

会社名 製品名
SAP SE(SAPジャパン株式会社) SAP ERP
GRANDIT株式会社 (アライアンス紹介ページはこちら GRANDIT
Oracle Corporation(日本オラクル株式会社) Oracle E-Business Suite
株式会社ニッセイコム GrowOne
スーパーストリーム株式会社 (アライアンス紹介ページはこちら SuperStream
株式会社オービック OBIC7
ピー・シー・エー株式会社 PCA Dream21

※上記以外のERPや業務アプリケーションとの連携も可能ですので、ぜひお問い合わせください。

連携パターンその1「Paplesドライバ経由での取り込み」

連携パターンその2「PaplesReports経由での取り込み」

Paples for SAP ERP

Paplesは各種ERPとシームレスに連携が可能です。
連携実績が特に多いSAP ERPを例にPaplesによる課題解決をご紹介します。

Paplesなら低コストで課題解決!

  • 帳票データを独自形式で保管し、インデックスによる高速検索が可能
  • SAP ERPの帳票プリントシステム環境をほとんど変更することなく連携
  • 他の業務システム帳票も取り込み一元管理が可能
  • Paplesの同時アクセスライセンス方式によりERPの帳票参照用ライセンスを節約できる
  • 電子帳簿保存法を申請する場合にもPaplesを活用し、スムーズにペーパーレス化を実現できる
  • 「通常使うプリンタ」から印刷することも可能で、サーバに出力先プリンタの設定不要

SAP ERPとPaplesの連携操作イメージ

SAP ERPとPaplesの連携操作イメージ

Paplesの機能

Paplesの機能

Paplesの機能

  • セミナー/イベント
  • 資料ダウンロード
  • 導入事例
  • お問い合わせ・デモ依頼
  • 電子帳簿保存申請
  • 機能充実で更に使いやすくなった「Paples5」
  • FAQ

セミナー/イベント情報

2017.12.13
請求書電子化への道の事例を解説!NHS/コクヨセミナー『請求書電子化への道 帳票自動配信のススメ in 大阪』を開催します。是非お気軽にご参加ください。
月次開催 2018/1/18・2/15・3/15
Paplesハンズオンセミナー』を月次で開催します。Paplesを実際に触ってみたい、電子化された帳票の業務活用事例を知りたい方はご参加ください。

ニュース/リリース情報

2017.08.01
日産化学工業様の帳票電子配信ソリューション導入事例を追加しました。
2017.04.30
帳票配信ソリューション(@Tovas連携)を追加しました。
2017.04.30
電子帳簿保存法申請サポートソリューションを追加しました。
2017.04.30
Paplesソリューションの全体マップを追加しました。