Skip to content(本文へジャンプ)

Paplesで帳票を作る!(PaplesReports)

PaplesReports(帳票作成機能)

PaplesReportsは、RDBやCSV形式のデータを取り込み、帳票を手軽に作成できる帳票作成ツールです。
GUI画面の簡単操作で、罫線や図形、文字、バーコードの入った見やすいカラー帳票をプログラムレスで設計することが可能です。
作成された帳票はPaplesサーバーに取り込まれ、Webブラウザ上で様々な活用が可能です。

構成図

  • CSVなどのテキストファイルやRDBデータの帳票項目とその属性をGUI画面で定義します。
  • ADO(ActiveX Data Objects)によりODBC等でSQLを記述し、データベースから任意のデータを取り出し、帳票作成することも可能です。

ポイント1. カンタン作成

  • 作成したい帳票の各パーツをマウスでドラッグアンドドロップするだけで思い通りの配置が可能。
  • 罫線、固定文字、可変のテキストデータを出力する領域などを完成イメージのまま画面で確認しながら作成します。

カンタン作成

ポイント2. 工数削減

  • 専用のExcelの帳票設計書に帳票定義項目(名称、属性、バイト数など)を設定すれば、そのままデータをインポートすることが可能です。データ項目のマッピングもドラッグ&ドロップで簡単に行えるため、工数削減につながります。

工数削減

  • オーバーレイ機能により、紙帳票を画像データとして取り込み、フォーマット作成の際の下地にすることが可能です。更にExcelデータのフォーマットをインポートしてデザインツール上のオブジェクトとして利用可能なため、帳票作成工数の削減につながります。

工数削減

ポイント3. 複雑なデザインの帳票をノンプログラミングで表現

  • UnicodeやWindows外字、各種バーコードにも対応 ※帳票項目のUnicodeによる設定はPaples5から対応しています。
  • ページごとにレイアウトが異なる帳票や、払込用紙のようなバーコードを含んだ伝票、印影を含んだ伝票等、複雑なデザインの帳票をノンプログラミングで作成可能です。

複雑なデザインの帳票をノンプログラミングで表現

ポイント4. メンテナンスが容易

  • 導入時に帳票作成のユーザ教育を行うため、導入後は自社内でメンテナンスが可能です。帳票デザインの変更などが生じても、ノンプログラミングなので、GUIにより画面を見ながら、自社内の担当者の手で簡単に修正できます。

メンテナンスが容易

ポイント5. 帳票の電子保存・出力など色々活用できる!

  • 帳票の作成だけでなく、Paplesは帳票の電子保存・帳票の出力(印刷・PDF・FAXなど)まで様々な帳票活用をワンパッケージで実現できます。

帳票の電子保存・出力など色々活用できる!

ポイント6. 多言語帳票もカンタン作成

Paples5

帳票作成デザイナーが多言語に対応し、海外でも帳票フォームの作成ができるだけでなく、日本語と韓国語など複数の言語が併記された帳票も作成することが可能です。

Paplesの機能

Paplesの機能

Paplesの機能

  • セミナー/イベント
  • 資料ダウンロード
  • 導入事例
  • お問い合わせ・デモ依頼
  • 電子帳簿保存申請
  • 機能充実で更に使いやすくなった「Paples5」
  • FAQ

セミナー/イベント情報

2017.12.13
請求書電子化への道の事例を解説!NHS/コクヨセミナー『請求書電子化への道 帳票自動配信のススメ in 大阪』を開催します。是非お気軽にご参加ください。
月次開催 2018/1/18・2/15・3/15
Paplesハンズオンセミナー』を月次で開催します。Paplesを実際に触ってみたい、電子化された帳票の業務活用事例を知りたい方はご参加ください。

ニュース/リリース情報

2017.08.01
日産化学工業様の帳票電子配信ソリューション導入事例を追加しました。
2017.04.30
帳票配信ソリューション(@Tovas連携)を追加しました。
2017.04.30
電子帳簿保存法申請サポートソリューションを追加しました。
2017.04.30
Paplesソリューションの全体マップを追加しました。