Skip to content(本文へジャンプ)

Paplesを利用した様々な業種・業態のお客様事例をご紹介

導入事例のご紹介 株式会社ハウステック 様

4万ページの帳票マイグレーションを短期間で完了
Paplesがレガシー資産の制御情報を吸収し、ほぼ100%自動変換!

対象帳票

  • 原価集計表などメインフレームで帳票作成を行っていた250本の帳票作成プログラムとオーバーレイ、スプール
  • 印刷出力していた毎月6万ページの紙帳票

導入前の課題・状況

  • 1. 全社のメインフレームを脱ホスト、オープン化するにあたり、「早く、安く、確実に」レガシーマイグレーションを行いたいが、ホストの帳票プログラムのオープン化に工数が掛かる懸念があった。
  • 2. ホスト帳票の書式設定(FOG)も工数を掛けずシームレスに移行したかった。
  • 3. 移行後出力された帳票データをそのままオープン系プリンタに印刷するとコード体系の違いにより制御コードが変換できず、レイアウトが崩れ、外字や罫線、特殊記号などが文字化けを起こす懸念があった。

導入効果

  • 1. 帳票プログラムはオープンCOBOLに変換し、「早く、安く、確実に」移行ができた。
  • 2. メインフレームの帳票書式設定を自動変換でPaples取り込め、シームレスに移行ができた。
  • 3. オープン系プリンタへの印刷ではPaplesがスプールデータ内の制御コードを自動判別し、ホストプリンタとのコード体系の違いを吸収する事で、文字化けなどもおこらずスムーズに印刷できた。
  • 追加. 当初計画になかった帳票の電子化を行い、毎月6万ページの帳票印刷を、導入当初は約半分に削減でき、全廃も可能になった。
  • 追加. Paplesは処理速度が速く、データ圧縮率が高いので、全帳票の10年保管も問題なく実現。

導入プロジェクトの要点

  • メインフレームの書式設定情報をほぼ100%自動変換しPaplesに取り込むことで、帳票移行の工数削減につながった。
  • 移行前のホスト帳票と移行後のオープン帳票との新旧帳票の比較作業にもPaplesを活用。ホストのスプールファイルを電子帳票化してからCSV出力し、システムによるテキスト文字列の自動比較テストをすることで、移行後の検証作業工数を大幅に削減できた。

現在

  • 全国の販売会社にPaplesクライアントを展開、販売管理の関連帳票を電子化。
  • 新会計システムのSuper Streamとも連携し、財務会計関連帳票も電子化。

COMPANY PROFILE

株式会社ハウステック

  • 株式会社ハウステック

2001年、日立化成工業株式会社より住宅機器・環境設備部門の事業を継承し、「株式会社日立ハウステック」として水周りを中心とした住宅機器・環境設備を提案し、快適で健康な生活を提供し続けている。
2009年株式会社ハウステックに社名変更。

設立 2001年5月1日
資本金 3億5千万円
従業員数 1,463名
主な事業内容 浴室、厨房、給排水設備等の住宅機器及び
これらの付属機器の製造、販売

※2014年4月末現在

導入事例

導入事例

導入事例

  • セミナー/イベント
  • 資料ダウンロード
  • 導入事例
  • お問い合わせ・デモ依頼
  • 電子帳簿保存申請
  • 機能充実で更に使いやすくなった「Paples5」
  • FAQ

セミナー/イベント情報

2017.12.13
請求書電子化への道の事例を解説!NHS/コクヨセミナー『請求書電子化への道 帳票自動配信のススメ in 大阪』を開催します。是非お気軽にご参加ください。
月次開催 2018/1/18・2/15・3/15
Paplesハンズオンセミナー』を月次で開催します。Paplesを実際に触ってみたい、電子化された帳票の業務活用事例を知りたい方はご参加ください。

ニュース/リリース情報

2017.08.01
日産化学工業様の帳票電子配信ソリューション導入事例を追加しました。
2017.04.30
帳票配信ソリューション(@Tovas連携)を追加しました。
2017.04.30
電子帳簿保存法申請サポートソリューションを追加しました。
2017.04.30
Paplesソリューションの全体マップを追加しました。