Skip to content(本文へジャンプ)

Paples導入による電子帳簿保存法申請業務の
サポートサービスとは?

電子帳簿保存法に求められる要件と申請状況

2005年に改正された「電子帳簿保存法」は、2015年度、16年度の税制改正において領収証・契約書などのスキャナ保存の要件がさらに規制緩和されるなど、企業にとってこれまで以上に帳簿・書類の電子化を推進しやすい環境が整いました。

とはいえ、国税関連帳簿を作成するデータベースが同法の申請対象であり、そのデータベースを作成する過程におけるデータの「真実性」の確保が必須である事には変わりありません。

データの「完全性(integrity)」(情報の管理・処理方法が適正である事が証明でき、情報が改ざんされないこと)を保証し、一貫したデータ処理と変更履歴を保管・管理する事が求められます。

電子帳簿保存法の申請要件に対応すると、多くの場合帳簿を作成するシステムだけでなく、業務システムや会計システムなど上位システムと業務フローに影響が及び、申請対象の帳簿やデータベースの切り分けなど、専門家によるサポートが必要となるケースも珍しくありません。

また、スキャナ保存での申請においては、システムの課題のみならず、「適正事務処理要件」による規程類整備や事務処理運用の点検・再構築などに関する専門家によるコンサルティングのご希望も多数伺っております。

NHSでは、100社を超えるコンサルティング及び申請サポート実績をもとに、Paplesをご導入いただいたお客様に、NHSの専門コンサルタントが提携税理士と連携し、お客様の電子帳簿保存法申請業務をサポートしております。

最近では、同法を申請・承認済みであっても、基幹システムのリプレイス時などに同法の適用が再度問題となり、ご相談いただくケースも増えております。このような場合も是非一度NHSにご相談下さい。


電子帳簿保存法申請を行うメリット

  • 1. 帳簿・書類のペーパーレス化による印刷・編綴・保管コストの削減
  • 2. 過去の帳簿の検索性向上による業務の効率化
  • 3. 帳簿管理・運用に伴うセキュリティ対応の負荷軽減
  • 4. 税務調査対応負荷軽減

電子帳簿保存法申請サポートサービス

電子帳票システムを導入するだけでは、電子帳簿保存法申請の要件をすべて満たすことはできません。上位システム及び関連業務についての対応含めて、まずはNHSにお問い合わせください。電子帳簿保存法申請に詳しい、NHSの専門コンサルタントが提携税理士と連携し、お客様の電子帳簿保存法申請業務をサポート致します。


電子帳簿保存法申請サポートサービス リーフレットダウンロード

電子帳簿保存申請サービスに関するお問い合わせ

各地で『電子帳保存法申請のススメ』セミナー開催

-->
日時 場所 主催 NHSの講演内容 申込
2017年11月16日(木)
14:00~17:30
大阪 NHS ワークスタイル変革 in 大阪
電子帳簿保存法(スキャナ保存)申請で実現する
ワークスタイル変革
終了しました
2017年11月17日(金)
14:00~17:30
東京 NHS ワークスタイル変革 in 東京
電子帳簿保存法(スキャナ保存)申請で実現する
ワークスタイル変革
終了しました

詳しくはイベントページをご参照ください。

電子帳簿保存申請までの流れ

※本サービスはPaplesシリーズを利用した申請を行う場合を対象とします。
※上位システム検証や申請に必要な資料はお客様にご用意頂くものもございます。

電子帳簿保存法対応でPaplesを利用することによるメリット

電子帳簿保存法の申請に電子帳票システムの導入は必須ではありません。しかし実際には、電子帳簿保存法に対応する際に多くのお客様にPaplesをご導入頂いております。

導入メリットその1 業務システムから帳票データを退避

業務システムのみで電子帳簿保存法を申請する場合、法定期間内の全ての帳票データを業務システム上に保管しておく必要があり、ディスク領域不足や処理速度低下につながります。Paplesに帳票データを退避することで、保存領域の圧縮と該当帳票の迅速な検索、表示が可能となり、帳票の可視性も担保できます。

また、Paplesに取り込まれた帳票データはPDFやCSVファイルなどにダウンロードでき、帳票データ活用や情報共有、外出先からの参照なども可能になります。

導入メリットその2 見読可能装置としての運用が可能

Paplesに個別取引データを保存し、見読可能なデータベースとして活用いただけます。

Paplesは帳票データベースとしての活用が可能で、業務システムのデータをデータベース連携やCSV連携でシームレスに取り込めるため、業務システムの明細データとの紐付けを証明することも容易です。NHSではPaplesを見読可能装置として申請する際、審査要件を満たすために必要となる明細データとの紐付けなど、詳細な設定方法も含めたサポートをご提供しています。

導入メリットその3 検索性の確保

業務システム内のデータ量の増大に起因する検索性能の低下により、業務システム自体が「検索性」の要件を満たさなくなる場合があります。
Paplesは帳票データ専門に開発された独自データベース方式により帳票データ量が増大しても検索速度を落とさずに検索が可能です。

導入メリットその4 業務アプリケーションのライセンスを節約

電子帳簿保存法対応、帳票電子化に伴う帳票の検索・閲覧のためにERPなど業務アプリケーションのライセンスを多数保有すると大きなコストがかかり、帳票参照をPaplesに集約した方が低コストとなるケースもあります。


事例紹介


導入効果

導入効果

導入効果

  • セミナー/イベント
  • 資料ダウンロード
  • 導入事例
  • お問い合わせ・デモ依頼
  • 電子帳簿保存申請
  • 機能充実で更に使いやすくなった「Paples5」
  • FAQ

セミナー/イベント情報

2017.12.13
請求書電子化への道の事例を解説!NHS/コクヨセミナー『請求書電子化への道 帳票自動配信のススメ in 大阪』を開催します。是非お気軽にご参加ください。
月次開催 2018/1/18・2/15・3/15
Paplesハンズオンセミナー』を月次で開催します。Paplesを実際に触ってみたい、電子化された帳票の業務活用事例を知りたい方はご参加ください。

ニュース/リリース情報

2017.08.01
日産化学工業様の帳票電子配信ソリューション導入事例を追加しました。
2017.04.30
帳票配信ソリューション(@Tovas連携)を追加しました。
2017.04.30
電子帳簿保存法申請サポートソリューションを追加しました。
2017.04.30
Paplesソリューションの全体マップを追加しました。