Skip to content(本文へジャンプ)

よくある質問と回答

Paplesの特長・コンサルティングについて

Q

「Paples」はなんと読むのですか?

A

「パピレス」と読みます。ペーパーレスとパピルス(古代エジプトで使用されたパピルス紙)を合わせた造語です。

Q

Paplesとはどのような製品ですか?

A

帳票の「作成」「取り込み」「保管・管理」「活用」「出力」の5つ機能を持った統合帳票基盤パッケージです。
企業が扱う帳票に関するさまざまな課題を解決します。

Q

Paplesを導入する際に電子帳簿保存申請を行いたいのですが、申請サービスのようなものはありますか?

A

お客様の申請作業を支援する「電子帳簿保存申請サポートサービス」をご用意しています。
※電子帳票システムを導入するだけでは、電子帳簿保存法適用に必要な要件を全て満たすことはできません。上位システムや関連帳簿の取り扱い方法も要件に合わせる必要があります。詳しくはお問い合わせください。

Q

海外で、日本語以外の環境でも利用できますか?

A

Paples5より可能です。帳票表示画面も帳票管理画面も多言語に対応しておりますので、海外でもご利用いただけます。
帳票管理画面は、現在、英語・中国語(簡体字)に対応しており、対応言語はお客様のご要望に合わせて拡大しております。
帳票データはUnicodeで保管・管理していますので、様々な言語での帳票作成・表示が可能です。

Paplesの構成・環境について

Q

システム構成はどのようになっていますか?

A

Windowsサーバと、Internet ExplorerとActive-Xコントロールが動作するクライアントPCの環境が必要となります。

Q

Windows 8や8.1、Internet Explorer10や11に対応していますか?

A

対応しています。タッチパネル操作機能については一部制約がございます。詳しくはお問い合わせください。

Q

商用DBを用意する必要はありますか?

A

独自DBを使用しているので別途DB製品をご用意いただく必要はありません。

Q

専用サーバは必須ですか?

A

専用サーバを推奨していますが、使用規模によっては既設のサーバを利用することも可能です。詳しくはお問い合わせください。

Q

仮想環境での運用は可能ですか?

A

可能です。多数の実績がございますので、詳しくはお問い合わせください。

Q

64ビットのOS環境で利用することは可能ですか?

A

可能です。 ※ Internet Explorerは64ビットのOS環境下でも32ビット版の稼働となります。

Q

使用できるプリンタを教えてください。

A

Paplesはプリンタドライバ経由で印刷を行うので、Windowsサーバに対応したプリンタドライバのある機種で利用できます。

Q

VPNで接続された拠点への印刷は可能ですか?

A

可能です。

Paplesの機能・システム連携について

Q

既存システムにPaplesを連携させる場合、既存のシステムにどのような変更を行う必要がありますか?

A

連携するシステムによって変更方法は異なりますが、いずれもほとんど変更することなく連携可能です。
既存システムがWindows OSであれば、Paplesドライバにより、プリンタドライバに印刷指示を出すような感覚で連携でき、既存システムの変更は不要です。
他にもさまざまなシステムとの連携に対応していますので、以下のページをご参照の上、詳しくはお問い合わせください。

Q

閲覧した帳票にマーカーやメモなどを付けた場合、別のユーザが閲覧してもマーカーやメモは付いたままでしょうか?

A

マーカーなどのアノテーション機能は、ユーザ毎に管理されているので、他のユーザが閲覧しても見えません。閲覧対象者全員に見えるように設定することも可能です。

Q

よく閲覧する帳票だけ表示させることはできますか?

A

閲覧可能な帳票の中から、よく使う帳票だけ選択し自分専用の帳票一覧を作成・表示することができます。

Q

Paplesの帳票を紙に印刷し、手で加筆した後スキャナで読み込み、Paplesの元帳票とともに管理することはできますか?

A

スキャナで読み込んだ帳票を、添付ファイル機能により元帳票と紐付けて管理することが可能です。

Q

帳票の保管期限はどのように管理されていますか?

A

Paplesでは帳票ごとに保管期間を設定でき、作成日付を元に管理しています。

Q

クライアントPCから自動印刷指示を行う時、プレビューで確認してから印刷することはできますか?

A

オプションにより対応可能です。以下のページをご参照の上、詳しくはお問い合わせください。

帳票作成(PaplesReports)について

Q

ヘッダーと明細でレイアウトの異なる帳票も作成できますか?

A

対応可能です。

Q

帳票項目の値で、ある一定の数値以上の場合は文字色を変えるよう自動変更するなどの設定はできますか?

A

可能です。

Q

現在複写紙に印刷している帳票をカット紙化した場合、複写分のデータ個数を用意する必要はありますか?

A

その必要はありません。上位システムを変更することなく、一つのデータで複写分の帳票まで作成することが可能です。

Q

日本語以外で多言語の帳票を作成することはできますか?

A

Paples5より可能です。帳票作成デザイナーも多言語対応しておりますので、海外でも帳票フォームを作成いただけます。
また、一つの帳票内に日本語と韓国語など複数言語を併記することも可能です。
対応言語はお客様のご要望に合わせて拡大しております。

費用・ライセンス・サービスについて

Q

ライセンス体系はどのようになっていますか?

A

同時にログインできるユーザ数をライセンス数としています。最小構成は10同時アクセスライセンスとなります。

Q

クラウドサービスはありますか?

A

お客様のご要望にもとづきご提案致します。以下のページをご参照の上、詳しくはお問い合わせください。

Q

導入費用はどのくらいですか?

A

パッケージの標準価格で100万円からご用意しています。(※導入時の作業費用や保守費用は別途お見積もりさせていただきます。)

セキュリティ・権限管理について

Q

権限やセキュリティはどのように管理できますか?

A

帳票を「見る」権限と「操作する」権限の2つを持っています。また、ログインし、どのような操作を行ったかはログに記録されます。

Q

どのようなログが取得可能ですか?

A

セッションログ、帳票参照ログ、印刷ログなどが取得可能です。

Q

シングルサインオンの対応は可能ですか?

A

LDAPやADと連携したシングルサインオンが可能です。詳しくはお問い合わせください。

その他

Q

Paplesのデモを見たい場合はどうしたらいいですか?

A

貴社にPaplesのデモにお伺いします。また、実際にお客様の環境にインストールしてご利用いただける試用版アプリケーションの貸し出しも行っています。
詳しくはお問い合わせください。

FAQ

FAQ

FAQ

  • セミナー/イベント
  • 資料ダウンロード
  • 導入事例
  • お問い合わせ・デモ依頼
  • 電子帳簿保存申請
  • 機能充実で更に使いやすくなった「Paples5」
  • FAQ

セミナー/イベント情報

2017.12.13
請求書電子化への道の事例を解説!NHS/コクヨセミナー『請求書電子化への道 帳票自動配信のススメ in 大阪』を開催します。是非お気軽にご参加ください。
月次開催 2018/1/18・2/15・3/15
Paplesハンズオンセミナー』を月次で開催します。Paplesを実際に触ってみたい、電子化された帳票の業務活用事例を知りたい方はご参加ください。

ニュース/リリース情報

2017.08.01
日産化学工業様の帳票電子配信ソリューション導入事例を追加しました。
2017.04.30
帳票配信ソリューション(@Tovas連携)を追加しました。
2017.04.30
電子帳簿保存法申請サポートソリューションを追加しました。
2017.04.30
Paplesソリューションの全体マップを追加しました。