Skip to content(本文へジャンプ)

PaplesReportsで帳票開発の効率化、
工期短縮による開発コスト削減!

帳票開発支援ソリューション

帳票のシステム開発にPaplesReportsを活用することで、開発作業の効率化や分業による工期短縮などが可能になります。帳票開発のトータルコストを削減します。

課題

  1. 帳票開発プロジェクトの工期短縮や開発コストを削減したい。
  2. 帳票レイアウト作成の開発負荷を軽減したい。
  3. テスト作業を効率化したい。

ソリューション概要

GUI画面でプログラミングすることなく簡単に帳票開発を行うことができます。
また、Microsoft Excelで作成した設計書から項目などの帳票定義をインポートできるので、開発工数も削減できます。

ソリューションの特長・効果

  1. 帳票レイアウトは、専門知識を持たないユーザでもGUI画面から直感的な操作で作成が可能です。
    また、設計書より帳票定義のインポートが可能なので、開発工数を削減できます。
  2. PaplesReportsを用いた帳票開発は、帳票のデータ抽出処理と帳票レイアウト作成を並行して作業できるため、開発工期を短縮し、開発コスト削減につなげることが可能です。
  3. 設計段階からPaplesReportsを用いることにより、帳票レイアウトの誤差の修正なども容易に行え、効率的に作業を進めることができます。
  4. 作成された帳票をPaplesのWeb画面上で検証できるので、帳票を紙に印刷せずにテストが可能です。

ソリューション

ソリューション

ソリューション

  • セミナー/イベント
  • 資料ダウンロード
  • 導入事例
  • お問い合わせ・デモ依頼
  • 電子帳簿保存申請
  • 文書も明細データも一元管理!「Paples5」
  • FAQ

セミナー/イベント情報

次回開催 11/14・12/12
電子帳簿保存法申請対応 個別相談会』を月次で開催します。電帳法申請をご検討で課題やお悩みのある方は是非ご参加ください。別日程ご希望の方はご相談下さい。
月次開催 11/15・12/20
Paplesハンズオンセミナー』を月次で開催します。Paplesを実際に触ってみたい、電子化された帳票の業務活用事例を知りたい方はご参加ください。