Paples連携(電子帳票保存)

POINT

  • 統合電子帳票システム Paples(パピレス)とシームレスに連携し、帳票開発から運用までを支援
  • 重要帳票の印刷、仕分け、配布、保管コストを削減
  • 電子帳簿保存法および内部統制対応としても有効

こんな企業様におすすめです

  • 業種
    全業種
  • 規模
    広範囲
  • 売上
    広範囲
  • 電子帳簿保存法対応
  • 内部統制対応
  • 情報漏洩対策
  • コスト削減
  • 環境対策
  • 独自レイアウト
  • スキャナ保存

SAPシステムの業務・業種別導入
ソリューションでお悩みの方はこちら

概要

Paples連携(電子認証+電子帳票保存)は、NHS独自の統合電子帳票システム「Paples」とSAP ERPの連携により、帳票関連の様々な課題を解決できるサービスです。
2つの方式(ドライバ連携方式、CSV連携方式)による連携があり、SAP ERP標準機能から出力されたレポートの変更や独自帳票のレイアウト設計が、手軽に行えるようになります。
重要帳票(請求書、注文書、領収書、税務・法定帳票など)の保管コスト削減、電子帳簿保存法対応、内部統制対応としてご活用ください。

  • Paples

    統合電子帳票システム「Paples」とSAP ERPの連携図

特長

Paples導入のメリット

  • コスト削減・環境対策

    日々の業務の中で、基幹システムから出力される帳票や伝票およびその控えなどは膨大な量になります。重要帳票の保存期限は法令などで定められており、印刷・配送・保管などのために多大なコストと労力を割かなければなりません。Paplesを導入することにより帳票を電子化し、帳票印刷・保管にかかるコストと労力を削減します。更に企業としての環境対策にも貢献できます。

  • 電子保存

    Paplesで帳票を電子化し一元管理をすることにより、印刷せずに、クライアントPCの画面からいつでも確認することが可能になります。
    また、電子帳簿保存法に対応したシステムとして活用することが可能です。

  • 内部統制

    閲覧権限のあるユーザだけが電子的に帳票にアクセスできるようになるため、紙帳票の放置による情報漏えいを未然に防ぎ、さらにアクセスログから「いつ・誰が・何をしたか」といった情報を取得・管理することができます。

システム概要

  • Paplesドライバ連携方式

    特長

    SAP ERP標準帳票、SAP ERPレポートツールで作成した帳票(レポートペインタ、クエリなど)、アドオン開発した帳票、その他関連システムの帳票を、Paplesドライバと連携することで、帳票レイアウト設計を必要とせず、プリンタに出力する感覚で出力イメージそのままに電子帳票として保存できます。

    具体的な帳票例

    SAP ERP標準機能で出力したレポート(勘定残高一覧、在庫一覧など)

    SAP ERP標準レポートツールから出力した管理レポート(原価センタレポートなど)

  • CSVファイル連携方式

    特長

    SAP ERPのアドオン機能からCSVファイルを作成し、作成したCSVファイルをPaplesサーバへファイル連携を行うことで、出力ファイルデータを電子帳票化して手軽に保存できます。
    帳票レイアウトについては、PaplesのGUI画面の簡易な操作で、罫線や図形、文字、バーコードの入った見やすいカラー帳票をプログラムレスで自由度の高いレイアウト設計ができます。

    具体的な帳票例

    請求書、注文書、領収書、税務・法定帳票など

NHS 統合電子帳票システム「Paples」とSAP ERPとの連携について

詳しくはPaples特設サイトのERP連携ページをご覧ください

導入事例

関連サービス

SAPシステムの業務・業種別導入
ソリューションでお悩みの方はこちら

お電話でのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

03-3544-7850

平日 9:00〜17:30