Skip to content(本文へジャンプ)

電子捺印機能とメール自動通知機能を活用して
帳票をどこからでもWebで回覧!

電子検印、電子回覧ソリューション

Paplesの電子捺印機能とメール通知機能を組み合わせ、簡易ワークフローシステムとしてもご利用いただけます。帳票作成完了や担当者の検印のタイミングで自動メール通知を行う機能を付加すれば、帳票を担当者間で電子回覧できます。外出先からでもWeb上で帳票の参照、メモの記載や検印が可能です。

課題

  1. 紙の帳票を回覧・検印していると進捗が把握できず効率が悪い。
  2. ファイルサーバに保存された確認対象帳票は社内でしか確認できないので、担当者が外出中や出張中の場合、帳票の承認・回覧作業が進まず、効率が悪い。
  3. 確認対象帳票の内容について指摘する際の転記作業や確認・承認通知作業が煩雑。

ソリューション概要

帳票の作成完了通知や検印通知を予め設定された宛先に自動でメール送信します。
メールのリンクをクリックすると該当の帳票がWebブラウザ上に表示され、ユーザごとに登録された印影で電子捺印することで、帳票内容の確認や承認が可能です。
ユーザごとに登録した印影は、そのユーザのみが捺印や取り消しが可能で、メール通知機能と組み合わせることでWebブラウザ上で電子回覧・承認手続きを行えます。

ソリューションの特長・効果

  1. 帳票を電子化し、Web上で確認、検印、マーカーによるアンダーラインやメモの記載などで情報共有が可能です。
  2. Web上で電子回覧を進めることができるので、外出中や出張中でもワークフローが滞りません。
  3. 検印の状況は一覧画面のステータスで確認できるので、回覧の進捗をいつでも把握できます。
  4. メールの自動通知機能により、帳票作成完了後すぐにメールのリンクからWebブラウザ上での閲覧が可能なので社内のファイルサーバから該当帳票を探す必要はなく、迅速に帳票の確認が可能です。

ソリューション

ソリューション

ソリューション

  • セミナー/イベント
  • 資料ダウンロード
  • 導入事例
  • お問い合わせ・デモ依頼
  • 電子帳簿保存申請
  • 文書も明細データも一元管理!「Paples5」
  • FAQ

セミナー/イベント情報

2018.10.24
請求書電子化への道 in 品川大幅コスト削減を実現した事例から学ぶ!請求書電子化・配信自動化 成功のポイント』を開催します。基幹帳票のペーパーレス化や帳票の自動配信をご検討の方は是非ご参加ください。
次回開催 9/19・10/17・11/14
電子帳簿保存法申請対応 個別相談会』を月次で開催します。電帳法申請をご検討で課題やお悩みのある方は是非ご参加ください。別日程ご希望の方はご相談下さい。
月次開催 9/20・10/18・11/15
Paplesハンズオンセミナー』を月次で開催します。Paplesを実際に触ってみたい、電子化された帳票の業務活用事例を知りたい方はご参加ください。