Skip to content(本文へジャンプ)

基幹の明細データを取り込み、証憑文書と紐付け一元管理する!

PaplesDataStore(明細データアーカイブ)NEW!

Paplesは各種基幹システムや業務システムの明細データをPaples内のRDBに取り込み、証憑文書と紐付けて一元管理します。

SQLによる直接的なRDB連携やCSVファイル連携により、あらかじめフォーマットやキー項目を設定して取り込みます。

基幹システムの明細データをアーカイブする役割を果たすことができる他、電子帳簿保存法申請に必要な「会計SubDB」の構築をPaples単体で完結させ、様々な参照や抽出要件に対応し、税務調査や各種監査の簡易化に貢献します。

PaplesDataStoreの明細データ連携例

明細データの取り込み

明細データの取り込み

関連ソリューション

Paplesの機能

Paplesの機能

Paplesの機能

  • セミナー/イベント
  • 資料ダウンロード
  • 導入事例
  • お問い合わせ・デモ依頼
  • 電子帳簿保存申請
  • 文書も明細データも一元管理!「Paples5」
  • FAQ

セミナー/イベント情報

2018.06.13-07.18
袖山税理士登壇!『電子帳簿保存申請のススメ in 8都市』を開催します。今回はスキャナ保存申請の実践的解説も加え、文書管理とペーパーレス化推進をテーマに詳説します。
次回開催 5/18
電子帳簿保存法申請対応 個別相談会』を隔月で開催します。電帳法申請をご検討で課題やお悩みのある方は是非ご参加ください。別日程ご希望の方はご相談下さい。
月次開催 5/24・6/20・7/19
Paplesハンズオンセミナー』を月次で開催します。Paplesを実際に触ってみたい、電子化された帳票の業務活用事例を知りたい方はご参加ください。