Skip to content(本文へジャンプ)

Paplesドライバで帳票を取り込み、電子化する!

連携ツール「Paplesドライバ」(オープンシステム連携)

Windowsアプリケーションで、仮想プリンタドライバのPaplesドライバに印刷指示を行うだけで、印刷イメージを電子帳票としてPaplesサーバーに取り込む機能です。各種帳票ソフトで作成した帳票や個別開発のカスタマイズ帳票もPaplesドライバに印刷指示を行うだけで簡単に電子化できます。

連携ツール「Paplesドライバ」

  • sample

Paplesの機能

Paplesの機能

Paplesの機能

  • セミナー/イベント
  • 資料ダウンロード
  • 導入事例
  • お問い合わせ・デモ依頼
  • 電子帳簿保存申請
  • 文書も明細データも一元管理!「Paples5」
  • FAQ

セミナー/イベント情報

次回開催 8/8・9/19
電子帳簿保存法申請対応 個別相談会』を月次で開催します。電帳法申請をご検討で課題やお悩みのある方は是非ご参加ください。別日程ご希望の方はご相談下さい。
月次開催 8/23・9/20
Paplesハンズオンセミナー』を月次で開催します。Paplesを実際に触ってみたい、電子化された帳票の業務活用事例を知りたい方はご参加ください。