Skip to content(本文へジャンプ)

帳票を自動FAX送信する!(FAX-ASP)

FAX-ASPサービス

ASPサービスと連携して帳票を自動でFAX送信することが可能です。業務アプリケーションから出力された帳票データをPaplesサーバーで送信先毎に仕分けし、取引先へFAXを自動送信します。

ASPサービスとのインターフェースにはEメールを使用し、帳票データ内のFAX番号を元にASPサービスとメール連携します。FAX送信結果についてもPaples側で一元管理するため、再送信などの業務もPaplesで一括して行えます。

※お使いのメールプロトコルによっては利用できない場合がありますので、ご相談ください。

FAX連携

FAX番号の自動取得

上位システムを変更することなく、FAX番号を自動取得し、FAX送信が可能です。

FAX送達管理

FAX送達一覧画面よりFAXの送達確認や送付したFAXの内容確認、再送信などが可能です。

FAX送達管理

関連ソリューション

Paplesの機能

Paplesの機能

Paplesの機能

  • セミナー/イベント
  • 資料ダウンロード
  • 導入事例
  • お問い合わせ・デモ依頼
  • 電子帳簿保存申請
  • 文書も明細データも一元管理!「Paples5」
  • FAQ

セミナー/イベント情報

次回開催 11/14・12/12
電子帳簿保存法申請対応 個別相談会』を月次で開催します。電帳法申請をご検討で課題やお悩みのある方は是非ご参加ください。別日程ご希望の方はご相談下さい。
月次開催 11/15・12/20
Paplesハンズオンセミナー』を月次で開催します。Paplesを実際に触ってみたい、電子化された帳票の業務活用事例を知りたい方はご参加ください。