Skip to content(本文へジャンプ)

帳票を自動FAX送信する!(FAX-ASP)

FAX-ASPサービス

ASPサービスと連携して帳票を自動でFAX送信することが可能です。業務アプリケーションから出力された帳票データをPaplesサーバーで送信先毎に仕分けし、取引先へFAXを自動送信します。

ASPサービスとのインターフェースにはEメールを使用し、帳票データ内のFAX番号を元にASPサービスとメール連携します。FAX送信結果についてもPaples側で一元管理するため、再送信などの業務もPaplesで一括して行えます。

※お使いのメールプロトコルによっては利用できない場合がありますので、ご相談ください。

FAX連携

FAX番号の自動取得

上位システムを変更することなく、FAX番号を自動取得し、FAX送信が可能です。

FAX送達管理

FAX送達一覧画面よりFAXの送達確認や送付したFAXの内容確認、再送信などが可能です。

FAX送達管理

関連ソリューション

Paplesの機能

Paplesの機能

Paplesの機能

  • セミナー/イベント
  • 資料ダウンロード
  • 導入事例
  • お問い合わせ・デモ依頼
  • 電子帳簿保存申請
  • 機能充実で更に使いやすくなった「Paples5」
  • FAQ

セミナー/イベント情報

2017.12.13
請求書電子化への道の事例を解説!NHS/コクヨセミナー『請求書電子化への道 帳票自動配信のススメ in 大阪』を開催します。是非お気軽にご参加ください。
月次開催 2018/1/18・2/15・3/15
Paplesハンズオンセミナー』を月次で開催します。Paplesを実際に触ってみたい、電子化された帳票の業務活用事例を知りたい方はご参加ください。

ニュース/リリース情報

2017.08.01
日産化学工業様の帳票電子配信ソリューション導入事例を追加しました。
2017.04.30
帳票配信ソリューション(@Tovas連携)を追加しました。
2017.04.30
電子帳簿保存法申請サポートソリューションを追加しました。
2017.04.30
Paplesソリューションの全体マップを追加しました。