Skip to content(本文へジャンプ)

帳票ツールと連携し帳票を取り込み、電子化する!

帳票ツール連携

SVF(Super Visual Formade)等、帳票設計ツールで作成した帳票イメージをそのままPaplesに保存する事が可能です。帳票は独自のPaples形式で保存しているので、Webブラウザ上での閲覧、高速検索など電子帳票としての活用や自動仕分け、帳票データの2次利用、各種印刷ソリューションも利用いただけます。

帳票ツール連携図(SVF連携の場合)

  • SVFで作成した帳票イメージをそのまま利用可能
  • SVF帳票はRDE(Report Director Enterprise:ウイングアーク1st株式会社のスプールサーバソフト)経由でPaplesドライバへ出力し、簡単に電子帳票化が可能
  • Paplesはコードデータで管理しているため帳票項目の高速検索や自動仕分けが可能

連携可能な帳票ツール一覧

会社名 製品名
ウイングアーク1st株式会社 SVF(Super Visual Formade)
株式会社日立製作所 uCosminexus EUR
SAP AG(SAPジャパン株式会社) SAP Crystal Reports
インフォテック株式会社 Create!Form

※上記以外の帳票ツールとの連携も可能ですので、ぜひお問い合わせください。

Paplesの機能

Paplesの機能

Paplesの機能

  • セミナー/イベント
  • 資料ダウンロード
  • 導入事例
  • お問い合わせ・デモ依頼
  • 電子帳簿保存申請
  • 機能充実で更に使いやすくなった「Paples5」
  • FAQ

セミナー/イベント情報

2017.12.13
請求書電子化への道の事例を解説!NHS/コクヨセミナー『請求書電子化への道 帳票自動配信のススメ in 大阪』を開催します。是非お気軽にご参加ください。
月次開催 2018/1/18・2/15・3/15
Paplesハンズオンセミナー』を月次で開催します。Paplesを実際に触ってみたい、電子化された帳票の業務活用事例を知りたい方はご参加ください。

ニュース/リリース情報

2017.08.01
日産化学工業様の帳票電子配信ソリューション導入事例を追加しました。
2017.04.30
帳票配信ソリューション(@Tovas連携)を追加しました。
2017.04.30
電子帳簿保存法申請サポートソリューションを追加しました。
2017.04.30
Paplesソリューションの全体マップを追加しました。