Skip to content(本文へジャンプ)

Paples導入によるアクセス情報トレースとは?

アクセスログ管理によるトレーサビリティ向上

Paplesには、個々の帳票に対するさまざまな操作をアクセスログとしてわかりやすく管理する機能があります。 Paplesで帳票等を電子化し一元管理することにより、「誰が」「いつ」「ログイン」し、「どの帳票」を「閲覧」「検索」「印刷」したのかをいつでも簡単に確認できるため、不正行為の抑止や情報セキュリティの強化にもつながります。

万が一問題が起こった場合でも、Paplesの詳細なトレーサビリティ機能により早期の原因究明が可能となり、帳票に関連する業務が適正に行われているかを企業がきちんと内部統制していることを証明する手段の一つとして、ご活用いただけます。

また、各帳票の活用状況の把握も出来るため、利用部署や利用頻度を定期的に検証し、業務改善やシステム改善の際に帳票の重要度の判断材料としてもご活用いただけます。

Paplesを活用して各システムのログも統合し長期保存

企業には、既に多くの業務アプリケーションが稼働しており、それぞれが独自にアプリケーションログやシステムログ等を出力し、ログの形式や管理部門、管理手法もバラバラである事が多いのではないでしょうか?

各種ログの保存領域の制限で定期的にログが上書きされたりバックアップメディアに保存され、問題が起こった際に迅速に過去のログ内容の追跡が出来ないケースが出てきます。

Paplesはログの「一元管理 」、「長期保存」、「改ざん防止」、「検索性」等の運用管理に必要な特性を兼ね備えており、各システムのシステログ、OSログ、アプリケーションログ、DBログなどをPaplesに送り、帳票として長期保存・蓄積することで、各システムの履歴管理の効率化、トレーサビリティ向上を図ることが可能です。

導入効果

導入効果

導入効果

  • セミナー/イベント
  • 資料ダウンロード
  • 導入事例
  • お問い合わせ・デモ依頼
  • 電子帳簿保存申請
  • 文書も明細データも一元管理!「Paples5」
  • FAQ

セミナー/イベント情報

2018.06.13-07.18
袖山税理士登壇!『電子帳簿保存申請のススメ in 8都市』を開催します。今回はスキャナ保存申請の実践的解説も加え、文書管理とペーパーレス化推進をテーマに詳説します。
次回開催 5/18
電子帳簿保存法申請対応 個別相談会』を隔月で開催します。電帳法申請をご検討で課題やお悩みのある方は是非ご参加ください。別日程ご希望の方はご相談下さい。
月次開催 5/24・6/20・7/19
Paplesハンズオンセミナー』を月次で開催します。Paplesを実際に触ってみたい、電子化された帳票の業務活用事例を知りたい方はご参加ください。