データエージング

POINT

  • SAP HANAデータベースのデータ階層化により
    性能・コストを最適化
  • データエージングによるメモリ削減効果を
    事前に可視化(診断)
  • すべてをSAP社標準機能で実装
    製品サポートもSAP社とNHSで安心対応

概要

日々増加するSAP HANAデータベースに対し、データエージング機能を活用してアクセス頻度の低いデータをディスク領域に保存することで、SAP HANAデータベースのメモリ消費とパフォーマンスを最適化します。NHSのデータエージングソリューションは、SAP Solution Managerのデータボリューム管理を組み合わせ、データエージングによるメモリ削減効果を可視化した上でデータエージングを実行するため、客観的で効率的なエージングを実現できます。

エージング 概要

データエージングではデータベースのデータの一部を保存および操作するために必要なメモリ量を減らすことができます。
一方、データベースに必要なディスク領域の削減、データベースバックアップおよびリカバリ操作の実行時間の最小化したい場合は、
別ソリューション「データアーカイブ/データデリート」をご活用ください。

特長

エージング対象

SAP標準機能のエージング可能オブジェクトは50以上あります。
お客様のご要望・システム要件をお伺いした上でエージングを実施します。下記は一例です。

横スクロールで表示できます

エージング 特徴

※BC_CHOD(変更文書)の場合、SAP社推奨に基づきNSE設定となります。

サービス・料金

エージング監視には、まずエージングが可能かどうかの診断をし、その上で「エージング設定」もしくは「NSE設定」を選別、設定を行います。診断、エージング監視はSAP Solution Managerで行います。

サービス・料金

データエージングのご相談ならこちらから

お電話でのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

03-3544-7850

平日 9:00〜17:30