SAPシステムリモートインフラサービス
(旧名称:SAPシステムリモートアップグレードサービス)

POINT

  • プロフェッショナルチームリモート(遠隔操作)でアップグレードなどの全てのSAPシステムインフラ作業を実施
  • チームとして対応するので、追加要望や変更にも柔軟に対応
  • これまで蓄積したノウハウやツールを活かし、安全・確実にアップグレードを遂行

こんな企業様におすすめです

  • 業種
    全業種
  • 規模
    広範囲
  • 売上
    広範囲
  • SAP ベーシス
  • SAP S/4HANA
  • バージョンアップ
  • アップグレード
  • 保守切れ
  • オンプレミス
  • クラウド環境

SAPシステムの運用/保守なら
実績多数のNHSにご相談ください

概要

本サービスは、SAPシステムインフラ作業に特化したプロフェッショナルチームが、東京にあるテクニカルセンターからリモート(遠隔操作)で作業を行います。
ベーシスコンサルタントの有資格者で編成されたチームが、アプリチームと密に連携しつつ、これまでの豊富な経験やノウハウをベースに作業を実施します。

例えば、SAPシステムアップグレードの場合、開発機/検証機/本番機を順次構築(移行)し、本番移行に向けてリハーサルを繰り返すパターンが多いですが、開発機構築時は限られた時間の中でのトライ&エラーで手順化を図る必要があり、極めて高いベーシススキルが必要となります。
一方、それ以降の検証機構築/本番機構築は開発機構築手順をベースとするため、ある程度見通しが立った状態で作業を進めることができ、特に移行リハーサル以降は移行手順書に従ったルーティンワーク的な繰り返しの単純作業となります。

このように、プロジェクトといっても、フェーズごとに必要となるスキルやマンパワーは大きく異なります。
本サービスでは、それらのプロジェクトの特性を踏まえて、フェーズや作業単位でフレキシブルに最適な技術者をアサインするため、高い安全性と生産性の両面を兼ね備えています。

SAPシステムリモートインフラサービスの概要図

SAPシステムリモートインフラサービスの概要図

特長

NHSのSAPシステムリモートインフラサービスの強み

  • 1. 効率的なSAPシステムインフラ作業
    これまでのプロジェクトのように常駐型ではなく、リモートで作業を進めることで、3M(ムリ、ムダ、ムラ)を取り除き効率的にSAPシステムインフラ作業を遂行します。
  • 2. 堅固なセキュリティ
    セキュリティを確保したテクニカルセンターから作業を行います。
    データの持ち出しなどが発生せず、貴社システム内で作業が完結するため安全です。
    またリモートアクセスであるためアクセス管理や記録の可視化も容易です。
  • 3. 柔軟なサービス提供
    テクニカルセンターでのサービス提供のため、作業タイミングなどをご調整させていただくことで、追加要望や業務改善につながる改修にも柔軟に対応できます。
  • 4. 顔の見える「きめ細かい」サービス
    進捗会議やヒアリングなどはアカウントマネージャが貴社オフィスで都度対応いたします。
    アカウントマネージャが貴社の要望や、刻々と変化するプロジェクト状況に応じて、リソースを調整し「きめ細かい」サービスを実現します。
  • 5. 万全なサポート体制
    弊社は多様なお客様にAMOサービスも提供しています。
    本稼働後もAMOチームと連携し、シームレスに貴社システムをサポートします。

作業対象

全てのSAPシステムインフラ作業を対象とします。

料金プラン

作業内容により変動しますので、見積りをご依頼ください。尚、アップグレード作業の場合、料金プランは3つとなります。
アップグレードがG/W、お盆、年末年始以外のオフピーク(閑散期)の場合、約10%お値引きいたします(ただし、シンプルプランを除く)。

  • プレミアムプラン

    24時間体制でアップグレードを行います。
    本番切替、移行リハーサル(時間測定目的)をターゲットにしています。

    費用:繁忙期は6,000,000円〜、閑散期は5,400,000円〜

    対応時間:24時間

  • 標準プラン

    平日日中時間帯でアップグレードを行います。

    費用:繁忙期は4,000,000円〜、閑散期は3,600,000円〜

    対応時間:平日日中(8時間)

  • シンプルプラン

    対応時間を定めず、アップグレード後の環境をお引渡しするシンプルなプランです。
    サンドボックス環境、PoC環境構築に最適です。

    費用:2,000,000円〜

活用事例

【活用例1】S/4HANAコンバージョンプロジェクトで活用

  • 構築メンバが環境構築・移行タイミングのみプロジェクト参画することで、
    SAPインフラ費用の大幅な低減が可能
    SAP ERP6.0からS/4HANAへのアップグレードは通常1-2年の期間を掛けて実施するケースが多いです。
    これまでの常駐型の体制・進め方では、高スキルな技術者をプロジェクト期間中、継続的に参画させる必要がありました。
    本サービスを活用すれば、構築作業・リハーサル・本番移行等の必要なタイミングだけ最適な技術者をアサインします。

効率的なSAPシステムインフラ作業の概要図

効率的なSAPシステムインフラ作業の概要図

  • 【活用例2】地方に拠点のあるお客様のスポット作業での活用

    • 世界中どこでも、
      高品質なSAPインフラサービスを無駄なく・タイムリーに提供
      お客様にご用意頂くのはパソコン1台のみ!作業期間中の滞在費・交通費不要。
      「システムパフォーマンスが悪化したのでベーシスチューニングしてほしい」「一時検証環境を構築してほしい」といったスポット作業でも本サービスをご活用頂けます。
  • 効率的なSAPシステムインフラ作業の概要図

導入事例インタビュー

SAPシステム電子承認機能・Speed-I ワークフローテンプレート (Speed-I/WF)ほか、NHSのソリューションを実際に導入されたお客様に、選定経緯からカットオーバー後の評価、弊社の対応に関する評価など、お客様視点から語っていただきました。

NEXT TO YOU 事例インタビューを見る

資料請求・ダウンロード

「SAPシステムリモートインフラサービス」についての資料を無料でご用意しております。
ご希望の方は下記のボタンをクリックし、資料請求フォームにお名前・メールアドレス・お電話番号・ご希望のパンフレットを明記の上、お申し込みください。

資料請求・ダウンロード

関連サービス

SAPシステムの運用/保守なら実績多数のNHSにご相談ください

お電話でのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

03-3544-7850

平日 9:00〜17:30