SAPシステムの運用/保守

SAPシステム運用/保守の落とし穴

社内業務全般をカバーするSAPシステムの運用/保守には、専門性が高く、幅広い範囲の専門知識が必要になるため、細かな機能修正や新業務へのシステム対応など、お客様だけで対応することは大きな負担となります。

NHSが負担を軽減

NHSのナレッジ、組織力、技術力を活かすことで、お客様を運用/保守にかかる煩雑な多くの作業から開放し、経営資源をコア業務に集中させることができます。
また、お客様のニーズに合わせた多くの選択肢をご用意していますので、必要な時に必要な量だけサービスを利用することによって、組織の肥大化を防ぎ、コスト削減に繋げることが可能です。

NHSのナレッジ、組織力、技術力

運用/保守ソリューション&サービス

  • SAP S/4HANAコンバージョン
    旧バージョンのERPから次世代型ERP「SAP S/4HANA」への移行サービスです。NHSが蓄積したノウハウをもとに、保守期限を考慮した最適なロードマップを策定し、確実に実行します。

    詳しくはこちら

  • 運用維持支援(AMOサービス)
    SAP認定資格を保有する導入コンサル、開発技術者、ベーシス・インフラ担当者が多数在籍するNHSならではのナレッジで、高品質なAMOサービスを提供します。

    詳しくはこちら

  • データアーカイブ/データデリート
    ERPシステム内の不要なデータの退避・削除を行い、システム処理速度の維持に貢献します。電子帳簿保存法や、処理速度低下対策としてご活用ください。

    詳しくはこちら

  • SAP HECリモート運用支援
    日鉄日立エンジニアリング(NHS)のSAP HECリモート運用支援サービスは、豊富なSAP HEC採用・運用経験・ノウハウをもとに、SAP HEC採用後に発生する様々な要件にお客様側に立ってサポートします。

    詳しくはこちら

Webからのお問い合わせ

お問い合わせフォームへ

24時間受付

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00〜17:30