業務を通じて
セキュアな環境づくりに貢献したい
PERSON
Y.N.
ITインフラ分野SE
2019年入社 文学専攻
PROFILE
「業務を効率化する仕事がしたい」「腰を据えてしっかり技術を身に付けたい」との思いでIT業界を志望。合同説明会でNHSを知り、詳しく話を聞いたところ、1人ひとりを大切にする社風に魅力を感じ、志望することに。文系出身のため、研修制度が充実していたことも入社の決め手となった。社風についての印象は、現在も変わっていない。入社後はITインフラ分野のSEとして、顧客のセキュリティ診断やサーバ構築案件、社内向けセキュリティ製品導入と、これらを通じた新たな顧客向けセキュリティソリューション検討などの業務に携わる。
セキュリティ診断ソリューションによる改善提案活動

学生時代に事務のアルバイトでPCを使っていたのですが、そのオフィスでのセキュリティ対策は壁に貼られた啓蒙ポスターだけ。これが日本の中小企業の現実と感じ、企業のセキュリティへの意識を高めたい、そのための仕組みづくりに携わりたいと思うようになりました。それだけにNHS入社後、セキュリティ関連業務に携わることになったのは嬉しかったです。技術を学び、成長することで社会に貢献したいとの思いを改めて強くしました。NHSではセキュリティ診断ソリューション「FireClover」というサービスを用意しており、現在私はそのサービスを基本にお客様のシステムの脆弱性やセキュリティリスクの診断を行い、解決策の提案を行っています。これまでセキュリティ対策は、安全な社内に向けて社外から悪意ある攻撃が行われるという前提でしたが、クラウドサービスやテレワークが普及するにつれて“すべて信用しない”(ゼロトラスト)ことが前提となりました。こうした変化にも柔軟に対応することで、NHSとしてお客様に今まで以上の貢献ができる製品・サービスの提供を目指すプロジェクトにも参画しています。
縁の下の力持ちとして社会を支えていることの喜び

私が担当しているあるお客様では、半年に一度、定期的にセキュリティ診断を行っています。あるときセキュリティ診断によって、新たに導入されたサーバの脆弱性を発見。その診断結果とともに改善策についての提案も行いました。半年後の定期診断では実際に改善が行われていたことがわかり、私の提案がお客様のセキュリティ環境向上に貢献できたことを実感しました。入社前から取り組んでみたいと思っていた業務を通じて、実際にお客様の役に立てたことは、大きなやりがいです。セキュリティの領域はまさしく社会のインフラで、私は“縁の下の力持ち”としてそれを支えていることに、誇らしさを感じています。
一人ひとりの成長を後押ししてくれる風土があります

文系でしたので不安はあったものの、入社後の研修でコンピュータの基礎から開発まで幅広い内容を学んだことでSEとしての自信がつきました。風通しのよい社風のおかげで他部署の人にも相談しやすく、疑問があっても気軽に質問できることが助かっています。またセキュリティ関係の資格の勉強をしているのですが、教材費や受験費用などを会社が補助してくれる制度はとてもありがたいです。今後はNHSのセキュリティソリューションの立ち上げを通じて、今まで以上にお客様への提案活動に力を入れるとともに製品・サービスの導入につなげていきたいと考えています。さらなる社会貢献を目指し、成長を続けていきます。
1DAY SCHEDULE

9:00
出社。メールチェック後、本日のスケジュールについて確認。
10:00
オンラインでお客様と打ち合わせ。
12:00
自席でお昼ご飯。お弁当を持参することも多いです。
13:00
お客様環境のセキュリティ診断を実施。
15:00
進行中のプロジェクトについて、メンバーと定例ミーティング。
18:00
退社。家では筋トレやヨガでリフレッシュ!