ビジネスインテリジェンス
(BI)グループの
中核として
お客様の期待に応える
PERSON
T.K.
SAPソリューション分野SE
2014年入社 経営学専攻(MBA取得)
PROFILE
経営学部を卒業後、豪州の経営大学院に留学しMBAを取得。就職活動では、当初、IT業界は視野に入っていなかったが、進路相談をしていた採用エージェントにNHSの存在を教えてもらったことが入社のきっかけとなった。「複数回に及ぶ面談では仕事のやりがいや達成感だけでなく、仕事やIT技術を身につける難しさも包み隠さず話し、私に真摯に向き合ってくれることを実感したため入社を決めました」。
BI領域で将来需要を予測するシステムを開発

所属するSAPソリューション事業部(SAPS)は、ビジネス向けソフトウェアで世界的に高いシェアを誇る独・SAP社の製品群を扱っています。私自身は現在、大手飲料製造業のシステム刷新にともない、ビジネスインテリジェンス(BI※)グループの中核として私自身は過去の営業実績から需要予測をするシステム開発を担当しています。現在参画中のプロジェクトが5つ目になりますが、BIのほか、お客様の要望を実現する機能・性能を明確化する要件定義者としての業務も担っており、お客様の期待に応えるべく日々奮闘しています。
※企業がビジネス活動によって蓄積していく情報(データ)を分析し、経営の意志決定に活用する手法
充実した教育研修とOJTで鍛えられて今がある

入社当初は、ITに詳しいわけではありませんでしたが、充実した教育研修とOJTによって、徐々に成長できたと思っています。特に配属直後から所属したTDG(テクニカル・ディベロップメント・グループ)では、SAP社の最新技術に触れることで知見を深めつつ、開発スキルを身につけながら資格取得に励む一方、先輩社員のもと設計のサポートや開発を担ったことで鍛えられたように感じます。その後も、さまざまな業種のプロジェクトに参画する中で、詳細設計、概要設計と多様な仕事を経験したことが現在につながっています。SAPSではメンバーが互いの経験や知見を共有するグループ活動を行っていることも、大きな刺激になっています。
NHSには新たな領域で大きなチャンスがある

私の主な業務であるBIは、今後ますます重要になる分野です。ビッグデータの利活用、IoT、AIなどITの技術革新はめざましく、新たなビジネスの芽が生まれつつあり、他事業部のメンバーも大きな関心を寄せています。まずは私自身がノウハウを蓄積し、データ分析の知見を深めるとともにプロジェクトなどを通じて得た知識や技術を共有できる環境をつくり、将来的には事業部の柱となるビジネスに育てたいと考えています。若い力がまだまだ必要な分野ではあるので、これから就職する方々にとって、NHSは新たな領域で大きなチャンスがあるといえるかもしれません。
1DAY SCHEDULE

9:30
常駐先のお客様企業へ出社。ブラックコーヒーを飲みながらメールと当日のスケジュールを確認。
10:30
会議室にてプロジェクトリーダーやメンバーらと約1時間のブレスト。
12:00
お客様の社食フロアにてランチ。NHSメンバーと雑談でリフレッシュ。
13:00
お客様と担当する機能について打ち合わせ。お客様とともにシステムをつくりあげることを実感するのがこの時。
16:00
打ち合わせをもとに、システムの全体像を把握しながら詳細設計。
18:00
当日の作業内容をメンバーに報告後、お客様も誘っての懇親会。チームワークの良さがNHSの魅力の一つ。