Skip to content(本文へジャンプ)

  1. ホーム
  2. ソリューション&サービス
  3. <SAP HANA 対応> SAP ERP業種別導入テンプレート「Speed-I」
  4. Speed-I SAP HANA対応版

Speed-I SAP HANA対応版

Speed-I SAP HANA対応版の特徴

Speed-I は SAP HANAプラットフォームに対応済みです。
Speed-I のDBとしてSAP HANAを使用することにより以下のメリットがあります。

(1) データベース容量

列単位のディクショナリ圧縮技術やインデックス領域がなくなることにより、DBをSAP HANA化するとDB容量を大きく削減できます。
※約70%削減の事例あり

(2) SAP HANA最適化機能

SAP社では標準機能の一部をSAP HANA最適化して提供しています。
Speed-Iでは46機能が該当し、レスポンスを向上させたSAP HANA用の標準機能を利用可能です。

(3) 大量データ処理速度

DBのSAP HANA化により、ディスクI/OやSQLのボトルネックが発生していたプログラムは処理時間が大幅に短縮されます。

(4) データ分析(オプション)

別途DWHのシステムを構築しなくても、SAP LumiraなどのBIツールからSpeed-Iに直接接続することにより、ノンコーディングで高速なリアルタイムレポートの作成が可能です。
※レポートで使用するHANAビューの作成が必要

SAP S/4HANAマイグレーションについてはこちら