Skip to content(本文へジャンプ)

  1. ホーム
  2. ソリューション&サービス
  3. SAPの運用保守
  4. IFRS+法改正対応

IFRS+法改正対応

国際会計基準(IFRS)へのコンバージェンス、内部統制、税制改正等、毎年のように制度改正によるシステム対応が必要となっており、今後も、IFRS強制適用や税制改正等、継続的に制度改正は発生すると考えられます。

NHSは、SAPサービスを開始した当初より、税制改正、内部統制、工事進行基準など制度改正への対応を行ってまいりました。これら蓄積した実績(ノウハウ)を基に、お客様のシステムへの影響を把握し、最適なソリューションをご提案いたします。

IFRSに関する取組み

IFRSに対する取り組み

NHSでは、SAPに関するIFRS適用を行うためのコンサルティング支援を行っており、下記のようなお客様のお悩みを解決いたします。

  • システム部門にIFRS要件を理解した人材がいない。
  • システム面での影響範囲が見極められず、必要コストを算出できない。
  • IFRS要件に関しSAP標準機能をベースとした場合の不足機能の洗い出しができない。

SAP IFRSソリューション概要

日立IFRSコンソーシアムにて整理されたノウハウをご提供いたします。

NHSは、日立IFRSコンソーシアムに参画しており、SAPで構築したシステムに関しまして日立グループ内におけるIFRS構築ノウハウおよびIFRS適用実績を整理したソリューションをご提供いたします。

IFRS システム実現方式検討(例)

IFRSを適用年度および適用実施後に必要となるシステム改修のための前提となるシステム実現方式を検討します。

IFRS要件によって発生するシステム課題を整理し、簡易的にシステムのあるべき構成を定めます。
※本タスクは前提としてシステム部のみで検討を行います。

検討事項

「システム実現イメージ」を作成するための情報をヒアリングさせていただき、簡易的にシステムのあるべき構成を定めます。

べースとなるシステムは日本基準とするかIFRS基準とするかあるべきシステム実現方式を決めていきます。

複数会計基準対応に関する帳簿の持ち方(例)

例 IFRS システム実現方式検討