EVENT

  1. HOME>
  2. 企業情報>
  3. 沿革

沿革

1988

新日本製鐵株式会社(現 新日鐵住金株式会社)と株式会社日立製作所の共同出資により設立(本社:東京都千代田区)
3本部制(システム本部、営業本部及び管理本部)
製造業を中心としたSIの展開

1991 技術開発部設置(現技術部)
1992 金融分野への参入
1994 医薬分野への参入
電子帳票システム「Paples\パピレス」発売
1995 SAP R/3適用プロジェクトへの参画開始
1998 事業部制に組織変更
2000 Oracle EBS適用プロジェクトへの参画開始
2001 筆頭株主を新日本製鐵株式会社から新日鉄ソリューションズ株式会社(現 新日鉄住金ソリューションズ株式会社)に変更
プロジェクトサポートオフィス(PSO)設置(現 技術部)
SAPサービスパートナー認定取得
2003 本社移転(東京都中央区)
企業理念、NHSロゴ制定
SAP ERPテンプレート「SPEED-I\スピードアイ」開発
2004 営業統括本部設置
2005 プライバシーマーク認証取得
GRANDITコンソーシアム セールスパートナー加盟
2006 GRANDITコンソーシアム ビジネスパートナー加盟
ASC(Application Support Center)設置
2007 アプリケーションフレームワーク「Spring Palette\スプリングパレット」開発
2009 統合電子帳票ソリューション「PaplesWeb」の展開
2011

GRANDITコンソーシアム プライムパートナー加盟
簡易ワークフローシステム「Ringy-Web」の展開
製薬業向けテンプレート「PharMart\ファルマート」開発
金融分野におけるニアショア開発の展開

2012

スマートデバイスソリューションの展開
GRANDIT業種業務別テンプレートの開発
iPad用受付番号発券アプリ「Serialna\シリアルナ」開発

2014

全方位型セキュリティソリューション「FireClover」の展開 

2015

グローバル&タブレット対応版統合帳票基盤ソリューション「Paples5」の展開

2016

営業支援システム SFA 「ラクシテラ、LaXiTera」の展開